【当店の新型コロナウイルス感染症への対応について】

いつもLondon Shoe Makeをご利用頂きまして誠に有難う御座います。

弊社では新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、4月7日(火)より当面の間、 原則として在宅勤務(テレワーク)を実施致します。

お問い合わせ窓口につきましては、電話対応を休止し、メール・お問い合わせフォームのみの対応とさせていただきます。

こちらに伴い、商品の発送、メールのご返信、ご対応につきまして、通常よりお時間がかかることが想定されます。

ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解ご了承頂けます様お願い申し上げます。


2点以上 20%OFF

紳士靴について

グッドイヤーウェルトの革靴はコスパがいい

革靴と電卓

革靴の製法には様々な種類があります。 有名なのがグッドイヤーウェルト製法です。 グッドイヤーウェルトは紳士用革靴の代表的な製法で、コスパ重視の男性にもとても人気があり、評判が良い靴です。

コスパの秘密は作りの良さ

グッドイヤーウェルトの革靴は世界的に人気が高く、日本でもファンが多いです。 革靴を購入する場合は多くの男性がデザインや履き心地、ブランドなど様々な条件で好みの革靴を購入します。 コスパの高い革靴は特に人気があります。 コスパの高い革靴とは、支払った金額に対して満足度と得られるメリットが大きい革靴のことです。 靴は毎日使うものなので、コスパを気にする人は多いです。 日本では国内外の様々なブランド靴が流通していますが、コスパを重視する男性によく選ばれているのがグッドイヤーウェルトの革靴です。

長く履ける靴 履けない靴

グッドイヤーウェルト製法には様々な特徴があります。 靴には長く履ける製品と長く履けない製品がありますが、グッドイヤーウェルト製法の靴は、他の製法の革靴と比較し、かなり長く履ける革靴です。 グッドイヤーウェルトの革靴は初期投資の額では高めですが、長い目で見るとコスパが非常に高いです。 詳しい人は、グッドイヤーウェルト製法で製造された靴のコスパが良い事を理解しています。 量販店では1万円以下で販売されている革靴も多いですが、安い製品をチェックしてみると靴底の交換ができない製品がほとんどです。

革質の良さもコスパの決め手

靴底と本体が接着剤で固定されている靴は、靴底と本体を分離できないので使いきりの製品に近いです。 グッドイヤーウェルトの靴は本体と靴底を分離することができます。 靴底全体を数年で交換する場合のコストは1万円程度なので、半永久的に靴底の交換ができるグッドイヤーウェルト製法の靴はコスパが非常に高いことになります。 個人差はありますが、大切に履いている男性だと10年以上履く人もいます。 10年間同じグッドイヤーウェルトの革靴を履けるとなると、コスパの良さは歴然です。

長く使うためのメンテナンス法

グッドイヤーウェルト製法の靴を長く使うには、メンテナンス方法が非常に重要になります。 靴の上部を良好な状態に保つには、日々の手入れが大切です。 手入れの基本はシンプルで、着用後は必ず専用のキーパーを装着します。 1日使ったグッドイヤーウェルトの革靴は反り返りやシワが出るので、専用のキーパーを必ず使います。 靴の手入れとしては、まず靴についたホコリを落とします。 よく使われるブラシは馬毛のブラシです。 ホコリを除去したらリムーバーを使って汚れを取り除き、専用のクリームを塗りこみます。 クリームを塗りこんだらブラシで散らしてクリームを全体に行き渡らせます。 ブラッシング後はクリームをふき取り羊毛のブラシで仕上げを行います。 こういったメンテナンスをまめに行うことでより長い間、綺麗な革靴を快適に履き続けることができるのです。

おわりに

コスパが高いグッドイヤーウェルト製法の革靴は、丈夫で履きやすく長く使うことができます。 品質の高い革靴なので、安心して履き続けることができます。 メンテナンスをしながら履き続けることで、味わいも深くなり愛着も増します。 手入れの方法でわからないことがあれば、購入した販売店で聞くようにしましょう。 親切に教えてもらえることでしょう。



>>グッドイヤーウェルトの革靴の修理についてはこちらから



>>London Shoe Makeのグッドイヤーウェルトの商品ページはこちらから
「London Shoe Make」は英国の伝統的なスタイルを基本にしたメンズシューズ・革靴の専門店です。 ハイブランドにも引けを取らない仕立てと作りの確かさを手に取って感じてください。

3つの特典

試着スタッフのサイズ紹介

紳士靴 tips

マッケイ製法について

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

楽天ID決済

SOCKSサイドバナー

カタログダウンロード

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

アンデックス公式サイト
スマホQRコード

ページトップへ