オープン記念キャンペーン

ロンドンシューメイク London Shoe Make

Manufacture

Method

≪グッドイヤーウェルト製法でつくられた、たしかな靴≫

熟練の靴職人の手により実に多くの工程を経て、丁寧に仕立てられた靴は、手入れをするほどに愛着がわき、履きこむほどに独特の履き心地の良さを生みます。

この製法による靴の大きな特徴は、履き心地の良さにあります。
インソールとアウトソールの間にできる隙間にしき詰められたコルクフィリングが、緩衝材の役割を果たすと同時に、履き込むにつれて履き主の足の形に合わせて沈み、やがて履き主の足形に添った形状へと変化するのです。
また、非常に頑丈なつくりであるため、型くずれしにくく、長時間履いていても疲れにくい靴と言えます。
縫製を靴の内と外、2度に分ける複式縫いにより、消耗部分であるアウトソールだけを取り替えることが可能。
大切な靴を手入れしながら長く履く、そんな「スタイル」の持ち主にはぴったりの靴と言えます。

Background

≪London Shoe Makeの靴はインドで生産しています≫

かつて、イギリスの領土であったインドではヨーロッパ基準で靴をつくる文化が始まり、今では親子代々靴職人といった熟練工が存在します。地理的に、他のアジア諸国と比べ、優良な副資材の調達に有利だったこともハイクオリティな靴づくりが長きに渡り受け継がれてきた理由のひとつです。長い間、ヨーロッパに向けられてきた、靴づくりへの真摯な取り組みとその市場が、近年、アジアにも開かれ、今回、伝統と誇りにもとづいたインドメイドの「たしかな靴」をラインアップするに至りました。また、その、たしかなつくりの靴を身近に感じてもらうため、現地と深い信頼関係を築きながら、輸入コスト管理を徹底し、高いコストパフォーマンスも実現させています。

日本人スタッフが厳しい生産管理と品質管理を取り行いながら丁寧に仕上げ、現地で第三者検品を受けた後に、輸入します。さらに、弊社本工場にてX線検査を含めた厳しい検品を行っています。

Basic Function

Shank
シャンク
足のアーチを支え、体重がかかっても底に歪みを生じさせない役割
Cork Filling
コルクフィリング
適度な弾力性があり、歩行時に足が地面に着く時の緩衝材の役割。履き込むにつれて履き主の足の形に合わせて沈み、やがて履き主の足にぴったりの形状へと変化する
In Sole
インソール
靴自体の形状を整え、靴の基盤となる重要なパーツ
Out Sole
アウトソール
イタリアの革を採用。まず、アッパー、ミッドソールリブ、ウェルトを一緒に縫い付け(すくい縫い)コルクフィリングを詰めて、次にウェルトとアウトソールを縫い込む(出し縫い)。この複式縫いにより、消耗部分であるアウトソールだけを取り替えることが可能
Stitch
ステッチ
アウトソールとウェルトは接着剤を使わず糸だけで縫い上げるため通気性が良く、また、直接靴の内部まで通る縫い目が無いので比較的、耐水性も優れている
Lining
ライニング
厳選した牛革を使用
Upper
アッパー
クラストレザー、ガラスタイプにはポーランドの原皮を採用。スエードはインド原産の革を採用
Welt
ウェルト
製法の由来にもなっている、細革と呼ばれる細い帯状の革
その他
オーナメント、ジッパーは全て日本製

Out Sole

Italian Leather Sole (Natural Finishing)

No.502 No.503 No.601 No.602 No.605 No.606に採用

Italian Leather Sole (Color Sole)

No.610 No.615 No.616 No.617に採用

Commando Sole (Rubber)

No.611に採用

Dainite Sole (Rubber)

No.622に採用

Flexible Function

フレキシブル機能
レザーソールの靴を履き慣れていなくても、歩行がし易いよう、取り入れられた新機能。
コルクフィリングの中ほどにウレタン樹脂をはめ込むことで、屈曲性を増しています。
※ No.610 No.611 No.615 No.616 No.617に採用

試着スタッフのサイズ紹介

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

3つの特典

SOCKSサイドバナー

楽天ID決済

ミッドランドリンク

カタログダウンロード

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

アンデックス公式サイト
スマホQRコード

ページトップへ